ノアンデ 副作用

MENU

ノアンデの副作用の原因は間違った使用方法がほとんど!?

ノアンデを使用して副作用が出たという人がたまにいます。ワキというのは、他の部位に比べると皮膚が薄く、デリケートな部位です。
妊娠中や授乳中、ムダ毛の自己処理の直後など、お肌が敏感になっている時に使ってしまうと、お肌に赤みなどのトラブルが出る恐れがあります
香料や界面活性剤など、お肌に負担になる成分は一切配合されていない、やさしい配合になっているので、敏感肌の人でも使えるようになっています。
敏感肌の人へのパッチテストも実施していて、全員が何もトラブルなく健康なお肌の状態で過ごすことができました。子供でも使えるように考えられている商品です。

 

臭いがきつくなるのは使用方法が間違っている可能性が高い

また、においが気になるのでノアンデを使用したら、かえってにおいが強くなってしまったという副作用もあります。
この副作用はにおいが気になる人にとっては重大な問題だと言えるでしょう。しかし、この問題は使い方によって解消することができます。
ノアンデは、1度塗れば24時間効果を発揮するように作られています。市販の消臭スプレーと併用してしまうと、過剰なケアになってしまいます。
特にスプレー式の制汗剤と併用した場合、お肌の乾燥が進んでしまいます。乾燥したお肌というのは、刺激からお肌を守ろうと汗を分泌します。
汗の量が増えることで、においが強まってしまうということです。これは、制汗剤を使用しないことで、防ぐことができます

 

ノアンデの副作用と聞くと、驚いてしまう人もいますが、使用方法を守れば気にしなくていいものばかりです。
妊娠中や授乳中の女性の場合であれば、医師に相談してから使うようにしましょう。特に、元々敏感肌の人は、いきなり大量に付けるのではなくて、一カ所でパッチテストを実施してから使うようにします。
こうすることで、もし、お肌にトラブルが起きても最小限度に抑えることができます。制汗剤との併用はしないなど、使用上の注意を守れば、においが余計に気になってしまうというトラブルを避けられます。
汗やにおいというのは、とてもデリケートな問題で、つい過剰なケアをしてしまいがちですが、使用上の注意を守ることで避けることができます。