ノアンデ 効果的 使用法

MENU

ノアンデの効果を最大限に発揮するために使用方法はしっかり守ろう

臭いのレベルにも個人差があるので、本人の臭いに合った適量を塗るようにします。ノアンデを塗る量が少なすぎても、効果がいまいちになります。
ワンプッシュで足りる人もいれば、臭いがかなり重症だと、もう少し増やしたほうが良いと判断できることもあります。

 

ノアンデを肌に塗る前には、必ず肌を清潔にしてから使います。汗をかいたままの状態では、雑菌も繁殖をしやすいですし、汗で蒸れて不衛生です。
臭いの原因は汗と雑菌なので、その原因を清潔にして取り除く必要があります。シャワーで洗い流すなどしてから、塗布をして肌に吸着をさせます。

 

シャワーなどで肌を清潔にするのは良いことですが、肌が濡れたままでノアンデを塗ると効果は半減です。
水分をタオルでふき取り、乾いた状態でノアンデを塗布します。肌に水運が残ったままだと、塗布しても、水分が吸着を邪魔します。シャワー後の肌はよくタオルでふき取り、ノアンデを塗ることです。

 

臭いの悩みが軽度のものであれば、1日に1回でもよいですが、それ以上の臭いで悩むなら、塗り直しをします。
最初にノアンデを塗布してから、時間が経過をしていたり、汗を多くかいた時には、再度塗るようにします。

 

塗り直しの時には、肌を清潔にふき取ってから、再度ノアンデを塗りなおします。皮膚には汗や皮脂に汚れも付着をしているので汚れは日中であればふき取りできるだけ清潔な状態にします。出先ではウェットティッシュなどで、肌をふき取り、その後に塗ると簡単です。

 

効果を高めるためにもまた臭いを減らすためにもムダ毛の処理はしておくことです
ムダ毛がたくさん生えていることで肌は蒸れやすくなりますし、雑菌の繁殖も増えやすいです。
しかしムダ毛をきちんと処理すると蒸れも雑菌繁殖も軽減されます。
それは臭いを減らす対策の一つにもなるのでムダ毛は自己処理をするか、あるいは脱毛で処理をするなど対処をします。

 

身に着ける衣類に関しても素材を意識してみることです。
ノアンデは高い効果をもたらしますので衣類の曽合にも注意をすることで嫌な臭いへの対策になります。
化学繊維のナイロンやポリエステルなどは、臭いを皮膚の表面に保有させるので臭いが続きやすいです。
天然素材のコットンやシルク素材などを選ぶのは良い選択になります。