ワキガ手術 保険

MENU

ワキガの手術は条件次第で保険適用になるってホント?調べてみました!

独特の臭いを発する、ワキガ。それはアポクリン汗腺からでる汗が、皮脂や雑菌と混ざり発せられる臭いです。この独特の臭いに悩み、精神的に辛いという方も多くいるのではないでしょうか。
デオドラント剤などで臭いを消しても、時間が経てば再び臭ってくることが多いワキガは、思い切って根本からの解決を目指してはいかがでしょうか。

 

実は、ワキガ手術が保険適用になる場合もあるのです。まずは、ワキガ手術を保険診療できる病院もしくはクリニックを探します。
ホームページで確認するか、電話などで問い合わせてみましょう。
しかし、この手術を保険診療としている病院・クリニックは、まだ少なく、ほとんどが自由診療としています。病院・クリニックを選ぶ際は、まずこの手術を保険診療としていることが前提となります。

 

病院・クリニックが決まったら、医師が症状の確認を行い、ワキガであると診断される必要があります。ワキガと正式に診断されたら、保険適用が認められた手術方法で手術を行います。
主流と言える手術法は、「剪除法(せんじょほう)」です。ワキを切開し、アポクリン汗腺を一つずつ取り除いていく方法です。
こちらが、最も確実にワキガを根本的に治療できる方法です。しかし、アポクリン汗腺の摂り残しがあると、再発の可能性があるため、実績、症例などを参考にしながら、病院・クリニック選びを慎重に選ぶ必要があります。
「マイクロウェーブ法」は、アポクリン汗腺のあるとされる部位に、ミラドライと呼ばれる機器を当て、内部の汗腺細胞を破壊していきます。手術自体は1時間ほどで完了し、その日に帰宅することが出来ます。
「吸引法」は、「剪除法」よりも小さく切開するため、ダウンタイムが短く済みます。切開部位から器具を差し込み、アポクリン汗腺を吸い取ります。しかし、目視で一つずつアポクリン汗腺を取り除く「剪除法」とは異なり、取り残しが起こりやすく、再発の可能性も高いとされています。
「マイクロウェーブ法」、「吸引法」も保険適用となる場合もあります。